歯周病の治療の進め方

歯周病は、虫歯と同様に進行性の病気です。
放置していても自然に治ることはなく、どんどん症状はひどくなっていきます。初期の段階ですと、歯茎が腫れて歯磨きをすると出血するというような症状だけですが、重症化すると歯を支えている骨が溶かされて、最後には歯に問題がなくても自然に抜けてしまうという状態になってしまいます。

歯周病は自分で治すことが難しい病気なので、歯科医院で治療を受けなければいけません。
歯科医院では、最初に歯茎の検査を行います。
この検査で、歯茎の腫れや、骨の状態をチェックします。

初期であれば、専門家によるお口のクリーニングを受けて、自分に合った歯磨きの方法を身に着けるだけで状態は改善します。炎症が歯茎だけに限局していれば、健康な状態に戻ることも可能です。しかし、初期の段階では特に自覚症状がないので、歯科医院に行く人は少ないです。

暮らしを豊かにしてくれるGirls Channelに関して悩んだら、是非お試し下さい。

そのまま進行して、中等度や重度になるまで放置してしまう人の方が多いです。

中等度や重度になると、骨はどんどん溶かされていってしまいます。

表参道の歯科に関するお役立ちコンテンツ満載です。

歯石も歯の表面だけでなく、歯茎の中まで入り込んでしまいます。


表面に付いている歯石は比較的簡単に取ることができますが、歯茎の中の歯石は麻酔をして時間をかけて取る必要があります。

歯周病の治療は時間がかかる割になかなか効果を実感できないので、途中で行くのを辞めてしまう人がいますが、必要な治療なので必ず最後まで受けるようにしましょう。