歯周病の主な原因と影響とは

歯周病は、歯茎の間の歯周ポケットの掃除が行き届かず、そこに歯垢や歯石が溜まることで、細菌が感染することで、歯茎が炎症を帯びて赤くなったり腫れたりします。
症状は初期の場合には痛みなどの自覚症状はほとんどなく、気がつかないことも多いです。

進行すると、歯周ポケットが深くなり、歯を支えるための歯槽骨が溶け、歯が動くようになって、最終的には抜歯が必要となることもあります。

歯周病になってしまう主な原因は、ブラッシングが不十分なこと以外にも、歯ぎしりやくいしばり、かみしめ、不適合な詰め物や義歯、不規則な食習慣や喫煙、ストレスや糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常などの全身疾患や薬の長期服用などが挙げられます。健康な歯茎の特徴は、薄くピンク色の歯茎で、弾力があり、引き締まっており、ブラッシング時などには出血しません。歯周病は、歯茎が赤く腫れて、歯茎に弾力がなく、歯茎から血が出ます。



さらに症状が進行すると、骨が溶けて、その上にある歯茎が下がり、歯が長くなったように見えるようになり、歯茎が下がることで、神経と繋がっている官を持っている象牙質の部分が出てくることで、知覚過敏を起こします。さらに、歯周ポケットに溜ったプラークの中の細菌と免疫細胞が戦うことで、残骸の膿が出続け、さらに口臭を発生させます。

さらに、歯並びが悪くなったり、歯の神経が進行してしまい、最終的には歯が抜けてしまいます。

日本経済新聞の様々な相談を受けることができます。

歯周病にならないためには、プラークコントロールや、歯医者での定期検診などが効果的です。