歯周病の症状の進み方

お口の中の病気というと、虫歯を連想します。しかし、虫歯よりも歯周病の方が歯を失う原因になることは意外と知られていません。
歯周病とは、歯そのものの病気ではなく、歯茎や歯を支える骨といった歯の周りの部分の病気です。初期のうちは、歯肉炎とも呼ばれて、歯肉、つまり歯茎だけの炎症に限った状態になります。

痛みがないまま進行していくので、なかなか自覚するのが難しく、気づいた時には重度になっていたということが珍しくありません。
歯磨きをしても、全ての汚れが取り切れるわけではありません。

渋谷のインプラント情報について詳しく解説しております。

特に、歯と歯の間など細かな部分に汚れが入り込んでしまい、その汚れにより菌が増殖していきます。



増殖した菌が毒素を出すことで歯茎が炎症を起こして歯肉炎になります。

マイナビニュースの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

この段階で、歯を磨くときに血が出るという分かりやすい症状がでますが、多くの人が気に留めず、そのまま放置してしまいます。

歯肉炎の段階でお口の中をきれいにすれば、炎症はなくなり、歯茎の腫れも引いて健康な状態に戻ります。放置してしまうと、歯茎だけでなく、歯を支える骨が破壊されていきます。

破壊された骨はなかなか元の状態には戻りません。歯周病は進行性の病気なので、治療をしなければどんどん悪化していきます。
骨の破壊は進んでいき、歯を支えられない状態になると自然に抜け落ちてしまいます。

ここまでくると、歯茎の腫れだけでなく、口臭や膿が出てくるなど様々な症状が併発して、治療も難しくなります。